2009年04月26日

とんぼ玉の干支工房

店長です。

先日、延岡市北方町の干支工房さんにお邪魔しました。

干支工房さんの干支(えと)はどこからきているか

それは北方町は干支の町だからです猫
全国で唯一、住所表示に干支を使っています。唯一というのがすごいですね。


干支工房さんの船倉さんは、バーナーを用いガラス細工のとんぼ玉をつくっています。

とんぼ玉は3000年以上前から、作られていたそうで、日本には中国や韓国などから渡ってきたようですが、江戸時代に とんぼの目玉に似ているということで、

とんぼ玉

とよばれるようになったようです。小さな宇宙のように、きれいな魅力を持った作品です。

いくつかご紹介します。

干支工房のとんぼ玉




花柄がきれいなとんぼ玉

私が壊れやすいですか?とお聞きすると船倉さんは
いきなり、1メートル位の高さから床に、とんぼ玉を落としました。
「落としたくらいでは、割れないですよ」とおっしゃり、ほっとしました。(極端な落とし方は除きます)
赤いバラのとんぼ玉

とても きれい ですね。

船倉さんは空いている時間を見つけて、ガラスでオーケストラの演奏家を揃えたり干支の動物などを作っています。それもすごく小さいのですが、とてもきれいです。

とんぼ玉はストラップやチョーカーになり販売されています。

女性にプレゼントすれば きっと喜ばれると思います。

のべおか観光物産ステーション や よっちみろ屋 などで販売しています。

GWには ETOランド速日の峰 の こいのぼりフェスタ でガラス細工の実演販売を行うそうです。

作るのは本当に大変です。1個のとんぼ玉の制作に1時間を要するのだそうです。
それだけ手間をかけ、一つ一つの作品に情熱を持って作っているのでしょう。

今年の干支の ねずみ みたいに量産できれば

えーとじゃけど(いいんだけど)犬


posted by 店長 at 10:00 | 宮崎 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | スタッフ日記(店長) > 物産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 延岡情報へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

農林産物直売所 よっちみろ屋
Excerpt: 国道218号線沿い 延岡市北方町を中心とした農林物産直売所。自然豊かな北方町自...
Weblog: のべおか地どれ市場(宮崎県延岡市地場産品ポータルサイト)
Tracked: 2009-10-29 11:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。